第一双子ハウス

srbaby.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:show( 15 )


2009年 01月 30日

赤い糸

ドラマ「赤い糸」にすっごいはまっている。
年末に何気なく見ていたら、胸キューーン。
かかさず録画し保存。
e0018290_2374284.jpg

自分が主人公の芽衣になった気分になって
こんな青春を経験したわけでもないのに、なぜか懐かしい。
ウチの子供達にもいずれくる青春が羨ましい。
携帯小説なんてバカにしていたのにね。
周りの主婦達も結構はまっている。

HYの「366日」がまた良いのだよね。
もう二度とくることのない青春が妙に懐かしい30代。
[PR]

by niles9 | 2009-01-30 23:15 | show
2008年 10月 11日

「歩いても歩いても」

久々に一人で映画を観にいった。
双子は幼稚園に、王子はダンナに預けて。
絶対に見たかった「歩いても歩いても」
e0018290_21515456.jpg

大好きな夏川結衣が出てるし、他のキャストも良い、是枝監督も好き。
作品としては地味なだけに、お客さんは50代以上のおばはんだらけ。
すっごく日常なんだけど、とても日常がうまく切り取られていた。

ウキウキと帰ってきて、午後はウッチー達とトイザラスへ。
子供達はクリスマスに何をもらうか、おもちゃをみて大盛り上がり!
我々ママはハロウィンの飾りを買いに。
ところがその途中に私のおっぱいに異変が・・・

次回へつづく
[PR]

by niles9 | 2008-10-11 21:54 | show
2008年 04月 30日

ドラマを2本ほど

今月は忙しい。
何が?って、大好きな夏川結衣が2本もドラマに出ているから
録画したのを見るのに忙しい!

一つはNHKの「トップセールス」
もう一つはフジの「無理な恋愛」

トップセールスはNHKらしく手堅い作りで面白いの。
昭和49年、まだ男性中心社会だったころ
一人の女性が車のセールスを始める・・・というストーリー。
上司役の蟹江敬三が迫力あって、かっこいい!
毎回車を買うお客さん役でいろんなゲスト出演の人がいるし。

それに比べて「無理な恋愛」は超つまんないの。
そもそもマチャアキ嫌いだし、ストーリーが面白みなし。
夏川結衣が売れない再現ドラマばっかやってる女優で
昔の「どーなってるの」そのままでそこは面白いけど。

トップセールスは面白いので見てね。
e0018290_1228879.jpg

[PR]

by niles9 | 2008-04-30 12:33 | show
2007年 07月 07日

ZODIAC

産後から実家に来ているので映画を見に行くことが出来た。
実在する連続殺人犯の話で「ZODIAC」ゾディアック
1969年に始まって、いまだに逮捕されていない。
ゾディアックと名乗り、新聞社に犯行声明を送り暗号文まで送る。

重く暗くノワールな感じで、暗い映画館で見てると寒気がする。
でもただ怖い連続殺人ものではなく、とても出来の良い秀作だった。
ゾディアックに取り憑かれていく男たちを通して事件を描いているのが良かった。
監督は「セブン」のデビット・フィンチャーなんだけど
「セブン」より断然出来が良い!
映画館は私を含めて6人しかいなかったので余計怖かった気がする。

なぜ暗く重い話が好きかというと
その方がいろいろ考えるし、自分が入り込める気がするからだと思う。
例えば悲劇のヒーローになった自分という設定の方が妄想しやすい。

懐かしいロバート・ダウニーJr.が出てるしと思って見ていたが
どれだかわからず、パンフレットを見て「このオッサンか!」と衝撃を受けた。
タフなトースキー刑事役のマーク・ラファロがとても良かった。
結局事件にかかわった男たちはみんな執着するが故に、悪い方向へと向かっていく。
犯人は逮捕されず、ただ絶対コイツが犯人だという男にたどりつくが決定的証拠がない。

捜査は今でも細々と続いているらしい。
そして実在する犯人もアメリカのどこかで今も生きている。
[PR]

by niles9 | 2007-07-07 18:33 | show
2007年 03月 09日

時代屋を買う

今シーズン私は珍しくドラマをちゃんと見ている。
「華麗なる一族」と「特命係長只野仁」
なぜかというと、年末ダンナが勢いよくDVDレコーダーを買ったのでとりあえず撮りまくり。
電化製品系のおもちゃって衝動買いしてしまう傾向がある。

華麗なる~は毎回予告でストーリーがモロわかるのに
改めて見るって感じでさして面白くもないけど、一応お金かかってる話題作だし。
只野仁は相変わらずめちゃめちゃな強引な意味不明なノリで面白すぎる。
携帯の待ち受けも夜の只野仁にしてみた。

「時代屋の女房」のDVDが期間限定でセールしてて買った。
突然やってきた女が居ついて、たまに「ちょっと出てきます」と言って何日か帰らない。
「スローなブギにしてくれ」もそうだけど、私は猫みたいに突然やってきて
突然いなくなって、また突然帰ってくる女の話が好きらしい。

自分には出来ないし、そういう行為が許される美女でもないので
やっぱ憧れなのかなと思ったりする・・・
稲中のガチャガチャで喜んでるレベルだし。
e0018290_6494072.jpg

[PR]

by niles9 | 2007-03-09 06:58 | show
2006年 11月 11日

CATS

実家に2週間の長期滞在なのでその間にキャッツを観に行った。
母が預かってくれるか心配だったが、意外にもOKが出た。
多分そんなに長時間じゃないと思ったのと可哀相に思ったのだろう。
実際はランチも混みだったのでほぼ丸一日預かってもらった。

本当に久々の一人での外出。
女4人でランチをしてキャッツを楽しんだ。
キャッツを観るのは十何年ぶり。
最後に1匹のキャッツと握手したら、手が冷たかった。
楽しかったけど、終わったらすぐ帰らなきゃ行けなし、それ程リフレッシュじゃないのだよね・・・
もっとゆっくり一日開放されたい。

殿と姫は裸足でペタペタと一日中ストークしてくるのでウンザリ、ゲンナリ。
ギャーギャーすぐ泣くし、姫は思い通りにならないと大暴れで手に負えないし。
「もう、ウルセー!」「一人にさせてくれ!!」って感じ。

夕食は近くの中華へ行き、姫が憧れてるお箸を使わせてあげた。
彼女はお箸で上手にラーメンを食べた。
きっと毎日大人のお箸使いを見て研究していたのだろう。
殿が最近覚えた言葉は「ヤダ!」
やけに鮮明な発音で言った。

肩こりが解消したことが唯一の喜びか。
この先もこんな毎日が続くのかとか考えないようにしよう。
でもある事情により来年もシンドイ一年になることが確定した。
[PR]

by niles9 | 2006-11-11 17:58 | show
2006年 06月 03日

嫌われ松子の一生を鑑賞

今日はレイトショーを見に行こうということになり
双子を疲れさせ、夜9時までに寝かせるべしということになった。

午前中は散歩、午後は小動物がいたり、アスレチックがあったりする
森みたいな公園に行って、どちらかというと大人が大変疲れた。

その甲斐あって姫は9時前には就寝、殿も出かける直前に就寝。
父に「よろしく!」といってそそくさと映画館へ。

というわけで「嫌われ松子の一生」を観た。
寂しい一生なんだけど、映像がPVみたいな感じで、ミュージカルちっくな感じで
めちゃめちゃでありながら、ホロリとして楽しかった。
しかしながら、「下妻物語」の方が面白かったな。

いろんな人が出演している中でBONNIE PINKと黒沢あすかが印象的だった。
あと伊勢谷友介がかっこよかったな。

深夜12時頃に終わり、16FでEVを降りると赤ちゃんの鳴き声が・・・
母と小走りで玄関を開けると、姫が・・・
そりゃもう大号泣で私のスリッパを履いて玄関に立っていた。
私が抱くとピタっと泣き止み、すごい顔でヒックヒック。
かわいい奴め!その必死さがおかしくて「ごめんよ」と大笑いでした。

父によると「20分くらい前に起きちゃってさ、抱っこしても何しても
イナバウアーよりすごいエビ反りで、どーにもならないから放っておいた」と寛容な笑顔。

私が「映像がポップじゃん」とか言いながらゲラゲラ笑っている頃。
娘は泣きながらキッチンを覗き、各部屋を回った。
でも、悲しいことに私はどこにもいない。
殿の寝ている部屋を閉めると「開けておけと」大騒ぎ。
それでも寝ている殿もすごい奴だ。
結局、私のスリッパを履いて玄関で泣きながら母を待つという結論に至ったらしい。

そんな娘の行動が私の自尊心?を非常にくすぐって大満足。
私を探し回った姫の様子が想像出来ておかしくて、たまんない。
娘→夜うっかり起きる→ママがいない!!→パニックで災難だったけど
母は大満足でした。
[PR]

by niles9 | 2006-06-03 16:41 | show
2006年 05月 17日

06年度爆走

「荒くれknight」全28巻は既に読破し、「荒くれknight高校爆走編」も既刊を読破。
e0018290_23161769.jpg久々にハマるものを見つけて、ウキウキ。
「荒くれknight高校爆走編」はなんと!
それだけで月刊マガジンが発売されいるのです。
おまけは夜行蟲ステッカーでした。
俺のマシーンのベビーカーでコンビニへいそいそと。
雨が降っていても買いに行ってしまいそうな気力です。

輪蛇のステッカーが欲しいのでバックナンバーを
発注しようというハマりぶり。
善波ちゃんがかっこいいの。
善波七五十 ゼンバ ナイト と読む。
冷静に考えるとありえない名前なんだけど。マンガだしね。
ナイト、騎士です。

子育てとは全く別世界の話と思いきや善波ちゃんには
妻子がいます、高校生のくせに。
ちゃんと子育てしてるんだよね。

かっこいい男の背中を見て育つ訳だから、ウチより良い子に育ちそう。
男にモテる男っていい。
ちなみにその月刊マガジンには湘南爆走族2006年度版も載っていた。

今日は雨がポツポツしていたが、約束してたし荒くれの勢いも手伝って子育て広場に行った。
お友達の娘も歩いていて、いろんな物に「きいろ」と連呼していた。
そして偶然boysの双子くんも来て、雨だけど彼女も頑張ったらしい。

殿は歩き方は爆走。
なのですぐコケル。で、すぐ復活。

今気づいたけど、荒くれknightのknightと善波七五十のナイトはかかってるんだね。

残念ながら荒くれについて熱く語りあえるママがいない。
[PR]

by niles9 | 2006-05-17 23:46 | show
2005年 12月 25日

フィギアスケートのスター☆

昨日は両親が双子にクリスマスプレゼントを持ってやってきた。
「おもちゃ」だっちゅーの、、、
もう邪魔だからいらないっちゅーのにクマが太鼓打ってるやつ。
母の誕生日兼クリスマスなので「チキンのワイン煮とマッシュポテト」を振舞った。
これがとてもおいしくて好評でした。
プレゼントはフランフランのバスローブ。高級品だね。

あと、双子のプレゼントはおままごとセット。これは発注したやつ。
トマトとか包丁とかタマゴとかいろいろカゴに入っている。
殿と姫はひっくり返して中身を確かめカンカン鳴らして楽しんでいた。
今日も朝からエンジョイ!
中身を出して、たまにちゃんと戻したりして。
ついでに剥がしたマットもカゴに入れていた。戦利品か?!

今日はイブ。関係ないね。ダンナも今日明日遅いし。
私のイベントは女子フィギアスケート観戦なり。
今女子は強いし、ミキティとか出てきてアイドル騒ぎだけど
私は昔っからの生粋のフィギアファンだと主張したい!
それはもうソ連の頃からのファンよ。ソビエト連邦よ。
幕張メッセまで見に行ったり、望遠で写真を撮ったこともあった。
私だけブーム。イェーイ。

もうかれこれ16年前から観ていた。
当時はシングルよりペアが好きで、ゴルデーワ&グリンコフが好きだった。
マニアックすぎて誰もわからんでしょうが。
とっても正統派でいかにもソ連って感じだったけどすごく人気あったのよ。
伝説的な2人なんです。
実家にビデオもいっぱいあるわ。
ちなみに槙村さとるの「白のファルーカ」おもしろいよ。もちストーリーはフィギア。

伊藤みどりはジャンプしすぎて場外に消えたり。
と思ったら、すっごい勢いで戻ってきて普通に滑っていた。。。怖い。
そんな現在の彼女は整形しててもっと怖い。

当時から考えると日本の女子がこんなに強くなって層が厚いのが
信じられなくて、世界に誇れるってことが嬉しいなと思う。
それに当時の日本ではフィギアの選手はスター扱いされてなかったし。
アメリカみたいにショウビジネスではなかったんだよね。

ちなみにグリンコフは練習中に急死してしまった。
私生活でも2人はパートナーだったのに。
でもねその後ゴルデーワは再婚したそうです。
[PR]

by niles9 | 2005-12-25 12:19 | show
2005年 11月 06日

映画鑑賞 「閉店時間」

ケーブルTVで懐メロじゃなく懐映を観た。
1962年の作品で「閉店時間」
江波杏子、野添ひとみ、若尾文子の三人組がデパートに就職して
それぞれ違う売り場なんだけど、そこで恋に仕事にっていう話。
休み時間にいろいろ語りあうのは今も同じ。

でも江波杏子が若すぎて、初め誰だかわかんなかったよ。
最近の東京電力のCMや意地悪な姑のイメージが強くて。
エレベーターガールでイケイケで恋には積極的なさゆりちゃんの役。
60年代当時はエレベーターガールは花形だったんだろうね。

原作が有吉佐和子って後で知ってちょっとびっくり。
まだ男尊女卑の風潮が強くて、紀美子は女だからって
バカにしないで欲しいわって新入社員の生方くんと張り合ってるんだけど
意地になってないとこがサラリとしてて良い。
恋愛模様も清潔でよろしい。

どうってことない話なのに面白いんだよね。昔の映画って。

ラスト、デパートの閉店時間になって暗くなるとこなんてステキな終わり方だった。
[PR]

by niles9 | 2005-11-06 22:11 | show